インターネット金融事典

サイトトップ > ミニ株のメリットとデメリット

ミニ株のメリットとデメリット

株価が大幅に調整している今だからこそ、ミニ株への投資をしながら本格的に株投資を行う準備をすすめてみるのもいいかもしれませんね。

ミニ株への投資で人気の銘柄は、やはり有名な企業や全国的にチェーン店などがある大手企業などのようですね。

トヨタや任天堂、ソニーなどは世界的にも有名な企業なので、ミニ株への投資としても優良銘柄ですね。

しかしミニ株への投資では普通の株売買では手を出す事が出来なかったソニーやトヨタ、任天堂の株を少ない自己資金で購入することができます。

また大手企業のミニ株への投資を行うと、その会社の商品などに興味がわき、そこから経済にも興味がわいてよい経済の勉強になるようですね。

ミニ株への投資をしながら経済情勢を学び、そのうえ儲けることができるなんて嬉しいことですよね。

ミニ株への投資を行うと自己資金が少なくてすむことから良いことずくめのような気がしますが、ミニ株への投資にもデメリットはあります。

ミニ株への投資は最小単位での株売買ではありますが、通常の株売買と同じく株価の変動を受け、元本を割り込む可能性があるわけですね。

またミニ株への投資の売買は通常の株売買と違い、いくらで売り買いをするなどの値段設定ができないというデメリットもあります。

通常は、ミニ株の売買注文した翌日の始値での取引になります。

さらに、ミニ株を持っていると配当金はもらえますが、株主総会に出席したり、株主優待を受ける権利もありません。

しかし、値段の高い優良株を少ない資金で購入できるミニ株の魅力に比べれば、これらのデメリットはたいしたことはないのかもしれませんね。



ミニ株一覧