インターネット金融事典

サイトトップ > ドルコスト平均法

ドルコスト平均法

「安い時に株を買って高い時に株を売れば儲かる」というのは誰でもわかることですよね。

しかし、これがなかなかうまくいかないもの。

勝ったら株価が下がったり、売ってから値上がりしたり…..

プロのトレーダーでもなかなか勝てないのですから、一般の個人投資家ではなかなか勝てません。

インサイダー情報でもなければ、なかなか良いタイミングで売買するのは難しいものです。

そこで、この「安い時に株を買って高い時に株を売れば儲かる」というのをあきらめて、毎月(あるいは毎年、毎週)定期的に同金額の株(あるいは投資信託)を買うのがドルコスト平均法の原理です。

同じ株数を買うのではなくて、同じ金額を買うのがミソで、同じ金額では安値の時にはたくさん買えて、値上がりすればそれだけ儲かりますし、高値の時には少ししか買えないので、値下がりしても被害が小さくて済みます。

普通の国では、長い目で見ると物価上昇率程度は株価も上昇しますので、ドルコスト平均法は物価上昇による資産の目減りを防ぐ良い方法ですね。

通常の上場銘柄は売買単位が大きいので、日本の個人投資家がドルコスト平均法を利用するには、ミニ株(売買単位の10分の1程度から売買できる)を利用するか、投資信託を買っていくのが良いでしょう。

投資信託の中でもインデックスタイプの投資信託を買っていけば、
まさに長期的な株式市場の上昇パフォーマンスをそのまま享受できることになります。

テーマ別の投資信託の場合には、長期間そのテーマの株式の価格が低迷した場合、ドルコスト平均法でもリスクがあることを理解する必要があります。

「この会社はこれから業績が大きく伸びる」ということが確実な場合は、ミニ株などを毎月買う、あるいは単位株数を毎年買い増すという方法もありますが、業績見通しが外れた場合や、現時点の株価が割高すぎる場合には、大きな損失を被る場合もあります。

また、ドルコスト平均法は、小額に分割して何度も購入することになるので、購入手数料や消費税を過大に支払うことになってしまいます。

さらに、ドルコスト平均法の最大の問題点は、「いつ売ればいのか」という質問に対する答えがないことでしょう。



株式投資戦略一覧